わたしはロランス

%e3%82%8f%e3%81%9f%e3%81%97%e3%81%af%e3%83%ad%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b901

2012年/カナダ、フランス/カラー/168分

監督・脚本 グザヴィエ・ドラン

主演:メルヴィル・プポー、スザンヌ・クレマン、ナタリー・バイ

 

カナダを舞台に、女性として生き始めた男とその恋人との10年に及ぶ波乱に満ちた日々が、弱冠24歳のカナダ人監督グザヴィエ・ドランによる鮮烈な映像で描かれる。

国語の教師をしているロランスは、ある日、恋人のフレッドに対して女性になりたいと打ち明ける。ロランスの告白にフレッドは激高するも、一番の理解者になることを決める。

女性になりたいと思い続けた主人公が偏見に遭いながらも願望をかなえ、恋人である女性と過ごす葛藤と愛の日々といえば映画「リリーのすべて」を連想するであろうが、本作はその先駆的作品。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中